フライパンの手入れ

昔私は中華料理店で厨房のアルバイトしていたことがあるのですが、皆さんの想像の中ではどのような姿が思い浮かびますか。

中国人が中華鍋を振っている姿が思い浮かぶと思いますが大体合っています。

実際私がいたところもそうでした。

そこで何度か中華鍋を振ったことがあるのですが一般家庭のフライパンとは全く違い重くて底が深いのでうまく振れませんでした。

実際使われている金属も一般家庭のフライパンとは違い鉄で作られていて扱い方も違います。

表面に油を馴染ませないとすぐに焦げていましますし、基本熱湯で洗い長時間使わないときは洗剤で洗います。

一般家庭のフライパンは油を馴染ませるとかそんなことはしなくても表面にフッ素加工されているものが多いので擦らない限りは中華鍋のような面倒はないです。

フライパンの購入方法

ただ中華鍋とは違い一回一回洗わなければいけないところがちょっとめんどくさいですね。

作るときに使う素材によって扱い方も手入れも変わってしまうのでそれにあった方法で手入れしてくださいね。